俳優・成田凌の「態度が悪すぎ」と関係者から苦情噴出!

 

『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年/TBS系)、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season』(17年/フジテレビ系)といったヒットドラマや、現在放送中のNHKの朝ドラ『わろてんか』などに出演し、3月には井浦新とダブル主演の映画『ニワトリ☆スター』の公開が控えている成田凌。

 

プライベートでは、昨年1月に広瀬すずとの熱愛報道が出たかと思えば、同年10月には『コード・ブルー』で共演した戸田恵梨香とのデート現場を写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)にスクープされており、プレイボーイぶりも発揮している。

 

そんな成田だが、現場での評判は、あまりよろしくないようだ。

 

芸能事務所関係者が語る。

「まだ24歳で血気盛んなのかもしれませんが、かなりトンガッている印象。雑誌のインタビュー取材で、全然話さないこともあるそうです」

 

取材現場での成田の様子をそう語るのは、とある媒体関係者だ。

 

「ある撮影の時、なぜだか機嫌がよくなかったようで、とにかく態度が悪かったんです。ずっとムスッとして、ポーズも取らないし、コメントを求めても反応があまりない状態。

その場には、媒体の人間だけでなく、テレビ関係者や事務所スタッフなどもたくさんいたんですが、最悪の空気になってしまいましたね。まあ、若手イケメン俳優の現場では珍しいことではないので、『あ、あのタイプの俳優ね』って感じで、問題なく撮影は終わりましたけどね(笑)」

 

成田の態度があまりよくないのは、事務所が原因だとの声もある。前出の芸能事務所関係者が語る。

 

「成田が所属するソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)は、良くも悪くも放任主義で、タレントを厳しく管理しないようです。だから、結果的に所属タレントは自由な振る舞いをしがちで、成田みたいな“トンガリ”も許されてしまう」

 

SMAの放任主義は、プライベートについても同様だといわれている。

 

「基本的に恋愛禁止みたいなものはないので、売り出し中であっても恋愛スキャンダルがどんどん出てくる。成田もそうだし、倉科カナなどは竹野内豊との熱愛がなければ、いまごろ何本も主演作を残していたはずです。

二階堂ふみや橋本愛なんかも、プラベートで遊び癖がついて、仕事に支障を来しているのではないか? なんてこともささやかれています。一方、土屋太鳳は仕事第一主義で、休みが少しでもあると、マネジャーに『仕事を入れてくれ』と頼み込むそうです。土屋のブレークは、非常にストイックで、本人にやる気があるからということですね」(同)

 

 

このままトンガり続けていたら、先はそう長くなさそうな成田。

土屋のようにストイックになれるのか?

 

 

10月に写真週刊誌「フライデー」(講談社)にスッパ抜かれて交際が発覚した女優・戸田恵梨香と俳優・成田凌に、破局情報が浮上している。

 

2人は東京・渋谷区をドライブ中、たまたま張り込んでいたフライデーの車と接触事故を起こし、期せずして正体がバレてしまった。

対照的だったのはフライデーに“身バレ”した時の2人の対応だ。

 

名刺を差し出された戸田が

「アハハ! すごいですね」

と大笑いしたのに対し、成田は小動物のように陰に身を潜めていたという。

 

しかも、2人が乗っていた高級外車は戸田の所有だったが、運転していたのは成田。

 

本来ならば、接触事故を起こした成田が記者の矢面に立つべき状況だった。

関係者によると

「あの報道を機に、2人には距離ができたといいます。戸田さんには、成田さんが頼りなく見えてしまったのかもしれません」

という。

 

だが、実際は成田の方から距離を置き始めたという。

 

スポーツ紙記者の話。

 

「フライデーの記事ではおとなしかった成田さんですが、実はオラオラ系で有名。自分より格下だと見なした思う無名アイドルや女優には、一線を越えた直後に素っ気ない態度に変わることも多いそうです。

プライドが高く、フライデーの報道で『器が小さい』と世間に見られてしまったことは心外だったでしょう」

 

もともと2人は「遊び感覚だった」という話もあるが、成田としては自分より“男らしい”戸田が重荷に感じられたかもしれない。

 

 

 



-エンタメ, ゴシップ, 話題
-, , ,