わいせつ動画配信で逮捕された「男と母親」の金持ち自慢!

 

インターネット動画配信サイトで女性がわいせつな行為をする様子をライブ配信したとして、大阪府警サイバー犯罪対策課は30日、公然わいせつなどの疑いで、大阪市の自営業戸高圭一容疑者(30)と母親の三千代容疑者(52)を逮捕した。

サイバー犯罪対策課によると、視聴数に応じてサイトから支払われた報酬など、売り上げは昨年末までの2年余りで約2億円に上る。

約250人の女性が出演していたとみられ、市内のマンション一室に設けられたスタジオや出演者の自宅などから配信していた。

 

逮捕容疑は昨年10月~今年1月、大阪市西区のスタジオで、兵庫県西宮市の会社員女性(24)や、大阪市の無職女性(22)のわいせつな行為を配信するなどした疑い。

報酬のうち6割を戸高容疑者と母親らが得て、4割を出演女性に渡していたとみられる。

 

「戸高容疑者は優雅にタワーマンションに住み、SNSでは『自分で会社を経営してて、ブランド品が大好き』と買った物の写真をアップしたり、『部屋が大きすぎて60インチのテレビが小さすぎる』などと金持ち自慢していた。

母親は四条畷市で別に暮らし、息子が配信で得た収入の管理などを担当していたようだが、違法配信であることを気付いていた可能性が高い」(捜査関係者)

 

戸高容疑者らは

「出演した女の子が勝手に(わいせつ行為を)やっていた」

と容疑を否認している。

 

女性2人も公然わいせつの疑いで府警に任意で事情を聴かれている。

 

だが、合法的に配信を行う業者は

「いまや動画配信業者は数多くあり、出演する女の子たちは1分間で約50~60円払って見てくれるお客さんをいかに集めるかで報酬が決まる。何を“ウリ”にするかはそれぞれの女の子に委ねられていますが、当然ながらヌードや性器露出、セックスなどの配信は違法。

運営業者としては最初に口酸っぱく指導しますし、何度言っても危ないことをする子は契約を解除します。法を犯せば運営側の責任となり“女の子が勝手にやったので知らない”というのは通りません」

と話している。

 

 

 



-エンタメ, ゴシップ, 事件・事故, 国内, 話題