劇団ひとりが上島竜兵から唯一激怒された過去

 

7日放送の「人志松本のすべらない話」(フジテレビ系)で、劇団ひとりがダチョウ倶楽部・上島竜兵から一度だけ激怒された過去を明かした。

番組では、ひとりが普段は優しい上島から「1度だけ怒られたあことがある」と切り出し、そのエピソードを披露していた。

ひとりは2009年にタレント・大沢あかねと入籍しているが、そのとき提出した婚姻届には保証人として大沢親分(大沢啓二氏)と上島からサインをもらったという。

上島にはレストランの個室でサインを書いてもらったそうで、祝福がてら芸人仲間を交えて宴を楽しんだとか。

通常だと飲食代は上島が支払っているが、この日ばかりは

「(上島には)ご足労いただいたし、お手間をかけた」

と思い、上島がトイレに行った隙にひとりが会計を済ませた。

ところが、これを知った上島は

「こんなめでたい席を自分で払うバカがいるかよ!信じられないよ、お前!」

「俺が出すべきだ!」

と大激怒。


【もしもアフィリエイト】ってなに?


 

続けて

「俺が払うから領収書を出せ!」

と、男気を見せつけたのだった。

なお、領収書を取り上げた上島は、金額を確認するや否や

「おぉ…今度から気をつけろよ」

と注意だけして領収書を返却してきたらしい。

 

いかにも上島さんらしいですね・・・

 

 

-エンタメ, 話題
-, , ,