44歳のビジネスマンが婚活サイトで出会った「人妻」の生態

 

婚活女性たちの結婚の「分岐点」をレポートするシリーズ。

今回は、44歳男性が婚活サイトで出会った女性たちの驚きの生態。

* * *

 

◆婚活サイトで人気のエリートサラリーマンを襲った人妻ショック

「婚活サイトに登録して半年くらいになります。僕は有料会員で、写真も載せているし、学歴も年収も、趣味なども丁寧に書いているから、それなりにアプローチをいただくんですよ。

で、お相手の写真とプロフィールを見て、気になったらメールを数回やりとりして、感じがいいな、と思ったら、まずはお茶でもしましょうとなりますよね。そういう流れで5人と会いました」

 

そう語る優太さん(44)は、都内の一部上場企業で働く技術者。

アラフォーとはいえ、有名国立大学を卒業、週1回はジムに通って細身の体系を維持しており、婚活サイトで人気なのもうなずける。3

0代のときに長く付き合った彼女がいたが、理想とする結婚観に隔たりがあり、結婚には至らなかった。

40歳をすぎて出会いが減ったと感じ、思い切って、婚活サイトに登録したのだと話す。

 

「僕は、女性のルックスより、全体の雰囲気重視です。仕草とか、喋り方がおっとりした、やさしそうな方がいいなあと。それで、できるだけ早く、実際に会いたいと思うんです」

 

かくして優太さんは5人と実際に会った。

ところが、そのうち3人が既婚者であることが発覚したのだ。

 

「最初に会った時点で打ち明けてくれた人もいれば、数回会った後に、実は……、と切り出された人もいます。いずれにしろ、ショックというか、驚いたというか。

独身証明書の提出を必須としているサイトではないので、そういうリスクがあるのは考えたらわかるのですが、彼女たちも写真も載せていたし、メールのやりとりでは、違和感がないというか、結婚したそうな雰囲気が感じられたので」

 

実際に会った印象も、決して悪くなかったという。

 

「既婚者でなければ付き合っていただろうな、という方がいます。さすがに、既婚者とわかって付き合うほど、僕もおめでたくないわけですが……」

 

優太さんが婚活サイトで出会った既婚女性。

彼女たちは何を求めて婚活サイトをさまよっているのか。2人に話を聞くことができた。

 

◆38歳・美菜子 『女性が輝く社会』といわれると焦る

38歳の美奈子さん。結婚して12年、中学生になった娘が1人いる。

婚活サイトに登録したきっかけは「焦り」だったと語った。

 

「夫は職場の同僚だった人で、26歳のときにデキ婚しました。仕事は続けたかったんですが、結婚直後に夫が転勤になったので、ついていくために私は退職したんです。娘が小さい頃は子育てが忙しかったし、家事を一生懸命やっていたから充実していたんですよ。

ただ、結婚して3年くらいたつとセックスレスになって、夫とは、険悪ではないけれど、単なる同居人になってしまった。お互い、異性として凄く好き、というわけではなかったんでしょうね。

そうなると、2人目はできないし、娘には次第に手がかからなくなるし、人生にぽっかり穴があいたような気持ちになったんです。これではダメだと、職探しを始めました」

 

元々、新卒で食品メーカーに就職し、正社員として勤めていた美奈子さん。

また“食品”に関わる仕事がしたいと就職活動をし、36歳から、輸入食品メーカーの事務を始めた。

正社員ではなくパートで、時給に換算すると「泣けてくる」ほどの給料だったが、やる気に満ち溢れていた。が、そこで、職場のいじめにあったという。

 

「年下の正社員の女性と気が合わなくて、嫌がらせを受けるようになりました。出張に行った人のお土産が、私にだけ、配られないとか……。

私のパソコン作業が遅いと、『とろい主婦を雇うとこっちが迷惑』と、怒られたこともあります。でも、家で仕事の愚痴を言うと、夫には『うるさいなあ。無理して働くことはないよ』と嫌がられ、結局、3ヶ月でやめてしまったのです」

 

それでも働きたいと、いまは近所のスーパーでレジを打っている。

しかし、結婚するまで勤めた食品メーカーの同僚の結婚式に行ったとき、周囲にそれを打ち明けることはできなかった。

 

「独身や共働きで働き続けていた同僚たちは、課長になっていたり、たとえ出世してなくても、キャリアを積んでいる。それに比べて私は、子供は1人いるけど、夫婦関係がうまくいっているとはる言えない。

家庭と仕事を両立するのが、いまのデキる女性ですよね。2つできなくても、どちらか1つ充実していれば、自分を納得させられるかもしれないのですが、私の場合はどちらもないんです。

最近、『女性が輝く社会』とか、『1億総活躍社会』ってよく言いますよね。この言葉を聞くたびに、本当に焦る。子供ももう中学生、夫婦関係も仕事も中途半端なまま年だけとっていくのはイヤだ、と思ったのです」

 

とはいえ、仕事の厳しさを痛感した美奈子さん。

では、と、発想を転換し、家庭を変える方向へと舵を切った。

 

「先ほど話した結婚式で、独身の元同僚に教えてもらったんですよ。家でできる婚活サイトだったら私にも出会いがあるかもしれないなと。いい方と出会い、私でいいと言ってもらえたら、夫と別れる気持ちはあります。

働く気もあります。既婚者なのに婚活サイトに登録している罪悪感はありますが……、出会いを求めている気持ちにウソはありません。そして、最低限のマナーとして、最初に会ったときに、既婚者であることは告白するようにしています」

 

 

◆41歳・エリ 恋愛をせずに人生を終わりたくない

2人目は41歳のリエさん。

結婚して9年、子供はいない。

京都弁が愛らしい、はんなりとした美女だ。婚活サイトに登録した理由は「もう一度恋がしたい、それにつきますね」と、おっとりした口調で、きっぱりと言った。

 

リエさんは、若い頃から自分は恋愛体質だったと振り返る。

中学生で初めて彼氏ができて以来、付き合う人が途絶えたことはなかった。

 

「20代はほんまに楽しかった。私、商社の一般職をしていたんです。男の人に美味しいものをたくさん食べさせてもらったし、楽しい思いをたくさんさせていただきました。当時はそういう言葉はなかったけど、今でいうところの港区女子、みたいな感じやったんやないかなあ」

 

たがお嬢様育ちのリエさんには30歳を過ぎると親のプレッシャーが強くなり、32歳のとき、知人の紹介で知り合った現在の夫と結婚した。

夫は16歳年上の医者。現在は57歳だ。

 

「生活はラクさせてもらってるんですけど……、トキメキはないですねえ。ちょっと年が離れすぎていたのかもしれません。たぶん、夫は、浮気をしてると思います。

突き詰めるほどの執着はもうありませんが、40歳の誕生日を迎えたとき、このまま二度と恋愛せずに人生を終わるのかと思うと、ぞっとしたんです」

 

とはいえ専業主婦のリエさんに出会いのチャンスはあまりない。

だから「よくないとわかっていたけど」、ものは試しと、婚活サイトに登録をした。

 

すると、思った以上に、アプローチが届いたのだという。

「40歳なんて、もう需要ないやろな、と思っていたのに、メールがくるから嬉しくてハマってしまいました。私、単純やから。一度会うくらいなら、そんなに男の人にも迷惑かけへんかな、とも思って。

でも、会って、いいなと思ったら、既婚者やって伝えるようにしています。優太さんもそのパターンやったんです、フラれましたけど。でもね、いま、付き合ってる人がいるんですよ。実際に離婚となると修羅場やと思いますけど、どこかで、人生に波乱が起きることを望んでいる自分がいるような気がしています」

 

* * *

 

◆この経験を反面教師に

「自分は見る目がないと落ち込みました(笑)」とうなだれる優太さん。

「健気な感じがした」という美奈子さんをとくに気に入っていて、付き合って結婚するところまで、想像が膨らんでいたのだという。

 

「婚活サイトは続けています。慎重になりつつですが(笑)。彼女たちを憎んではいないけど、やっぱりズルイことしてると、天罰がくだるんじゃないですかね。将来、奥さんが隠れて婚活するような結婚生活にしないようにと、反面教師にしたい気持ちです」

 

セカンドパートナーや婚外恋愛が話題になる昨今。

“婚活”はもはや独身だけのたまり場ではなくなっているようだ。

 

 

 



-話題
-,