教え子7人にわいせつ、元講師に懲役9年の実刑

 

勤務していた京都府内の小学校の女児7人の胸や下半身を触るなどしたとして、強制わいせつ罪などに問われた元講師の男(28)の判決公判が25日、京都地裁で開かれ、御山真理子裁判官は懲役9年(求刑懲役10年)を言い渡した。

 

京都地検と地裁は被告の氏名や元勤務先を明らかにしていない。

 

御山裁判官は判決理由で

「被告は担任などで受け持った女児に好意を抱き、指導を装って自己の小児性愛の欲望を満たそうとした」

と指摘。

「検尿と言ってトイレに一緒に入るなど教員の立場を利用しており、わいせつ行為の悪質性は極めて高く、女児の尊厳を踏みにじるもの」

と述べた。

 

判決によると、被告は平成27年3月~29年5月、小学校の教室や女子トイレなどで、当時6~11歳の女児7人の胸や下半身を触ったり、スマートフォンで動画を撮影するなどした。

 

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,