ビートたけし 東京藝術大学教授の作品を「作者の言い値で即決購入」

 

12日放送の「たけしのニッポンのミカタ!」(テレビ東京系)で、ビートたけしが、東京藝術大学で作品を即決購入した。

番組では、たけしやTOKIO・国分太一ら一行が東京藝術大学に赴き、学生らが作品を制作する様子を見学した。

その中で、工芸科の丸山智巳教授の作品を見せてもらえることに。

たけしは一体の作品に注目する。

 

それは125センチの仁王立ちした金属製のボクサー像だ。

たけしは、思わず「これいいなぁ…」とつぶやいてしまった。

 

たけしは、ボクサーへの見方によって表情が変わると指摘し

「(ボクサー像の)心情が変わってくるっていうのが面白いね」

と絶賛したのだ。

ボクサー像をしばらくなで回したたけしは「いくらで売ってるんですか?」と唐突に丸山氏に尋ねた。



 

続けて

「なんだったら買おうと思ってるんだよ。1000万以下だったら買おうかと」

と大胆な申し出をした。

頭を抱えていた丸山氏は「200万くらい…」と答えると、たけしは「買う! 今買う!」「即金で買うわ!」とすぐさま購入を決めた。

 

周囲がどよめき立つと、たけしは上機嫌になって

「これ買ってすぐに『なんでも鑑定団』に持っていくか」

と、冗談を飛ばして笑いを誘っていた。

 

 

 

-いい話, エンタメ, 話題
-, ,