11円を握りしめ傷だらけの5歳女児を保護

 

「この事件はひどいよ。コンビニの店員が機転をきかせて通報してくれたことで、警察も認知ができた」

兵庫県警伊丹署の捜査担当者もあきれるほど、むごい女児虐待事件が発生した。

 

通報者のコンビニ店員は、

「1月11日19時ごろでした。揚げ物のケースを、じっと眺めていました。持っているのは11円とTポイントカードだけ。泣くような様子はなかったのですが、おかしい。

抱きかかえて話を聞いているときにズボンの裾を少しめくってみたら、全面的に紫色になっていて、警察に通報しました」と振り返る。

 

駆けつけた救急隊は、女児(5)の顔面に打撲、左頬に擦過傷、腹部や左足のすねにも擦過傷があることを確認。

 

警察はすぐさま虐待を疑った。

 

包丁で脅す祖母

「女の子に“家まで案内できる?”と聞き、一緒に行ったら、自宅は真っ暗で誰もいない。家の中で電話番号がわかったので、お母さんに電話したところ、“ちょっと調子が悪いので娘を置いて薬を買いに出ている間に、娘が外に出たのだと思います”と言っていました」(前出・捜査担当者)

 

ところが、この言い訳が真っ赤なウソ。

家族は、女児ひとりを放置して、同居する母親の弟が営む飲食店のプレオープンで、家族団らんの飲食を楽しんでいたのである。

 

傷害の容疑で逮捕されたのは、女児の母親の藤尾久美子容疑者(26)と祖母の藤尾亜希子容疑者(47)。

 

「おばあちゃんに包丁をぺちぺちされた」という女児の話に符合するように、亜希子容疑者は今月9日、ご飯の食べ方に腹を立て包丁で脅してやろうと思い女児の左頬を叩いたと供述。

久美子容疑者は10日、おしっこを漏らした女児に腹を立て、左手をガスストーブに押しつけたと自供した。

 



久美子容疑者は昨年10月ごろまで虐待した次女を含む娘3人と神戸市内で暮らしており、その後、実家に戻ってきた。

 

古参の住民は、

「(祖母一家は)3年前くらいに引っ越してきましたけど、挨拶に来たとかはなかったですね。小さな女の子が3人、家の前にある自転車で楽しそうに遊んでいるのは見たことがあります。ただ、母親と祖母は見たことないですよ」

 

今も久美子容疑者は神戸市民で、事件発覚の前日の10日に、同市の福祉担当者が自宅を訪問していたという。

 

「訪問の結果報告は12日に受けました。身体的な虐待の兆候というものはわからなかったということですね」

と伊丹市こども家庭課の担当者。

 

女児は、搬送先の病院を退院した後、児童相談所が保護。

「目に見える傷はない」(前出・捜査担当者)という長女と三女も児童相談所に保護されている。

 

なぜ、母親と祖母は、次女だけを目の敵にしていたのか。

 

久美子容疑者の弟2人が外出するところを直撃したが

「僕たち、わからないんです。知らないです。関係ないんで」

と、まるで他人事のように逃げ腰。

 

7人家族の間で日常的に何が行われていたのか、捜査の行方が待たれる。

 

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-,