GACKTが有名ブロガーを脅迫「ココロからの殺意…」

 

そんな人だったの!?

彼のファンはガクッとしているに違いない。

 

〈バイ○(ママ)グラの摂取後並みにバクバク〉〈勃ちっぱなし〉

 

新年早々、こう三流の下ネタをブログに綴ったのは「一流芸能人」のGACKT(44)だ。

現在、この記述は消されているが、削除された過激な言葉は他にも存在した。

 

***

ブログは1月2日付のもので、下ネタ以外で消されたのはこんな記述だった。

〈ココロから哀悼と感謝と殺意の気持ちを込めて/この始まったばかりの一年を/どうか無事にお過ごしできることを刹那(ママ)に願っております。/帰り道の一人歩きには十分お気をつけください〉

 

何とも物騒なセリフである。

これに対し、鋭い切り口のブログで「切込隊長」の異名を誇った個人投資家の山本一郎氏(45)が、自らのツイッターで〈私に対する発言ですね?〉と反応。

GACKTによる「脅迫騒動」として話題になった。

 

本当に一流なら言葉遣いも一流のはず

「昨年末、GACKTさんは、彼曰く仮想通貨である『SPINDLE』関連事業に参画すると表明。それを受けて12月30日、私がSPINDLEに関する疑義を記事としてアップしたことが始まりでした」

と、山本氏が振り返る。

 

「彼はSPINDLEを使ったICO(仮想通貨などを利用した資金調達法)にコミットすると宣言したんですが、前々からICOには疑問を抱いていましたし、私自身が金融庁や警察庁に問い合わせた結果、そもそもGACKTさんが推し進める事業は明らかに仮想通貨交換業として適合性を欠いて問題があるとの確証が得られたので記事にしたんです。これが彼の逆鱗に触れたんでしょう」

 

「非通知設定で…」

山本氏には「実害」も出ていて、

 

「GACKTさんのブログが出た後、私の携帯電話に非通知設定で電話が掛かってきて、誰だか分からない男性から

『何書いてくれたんだ』

『お前、ホント気をつけろよ』と。

その後、サイバー犯罪を担当している知り合いの警察官からも、『一般の人から、山本一郎がGACKTに脅迫されているという通報が複数あった』と、連絡が来て心配されました」(同)

 

 

仮想通貨に詳しい「ビットコインニュース」の山崎大輔編集長も、一般論としてこう警鐘を鳴らす。

 

「ICOに関しては、資金調達だけして逃げてしまったという詐欺的な問題が各国で発生。ICOが安全かと聞かれたら、そんなはずはないと答えます」

一方、GACKTからは〈脅迫ブログ〉に対する弁明は得られなかったが、いずれにしても記述を削除したこと自体、彼自身が〈殺意〉〈一人歩き……〉はヤバいと思っていることの証と言えよう。

 

「彼自身がICO話に騙され、担がれているのだとしたら本当に脇が甘い。その上、感情的になって脅迫としか受け取れない記述をするなんて、常軌を逸していると思います」(山本氏)

 

一昨年、投資詐欺にひっかかっていたことが明るみに出たGACKT。

〈バイ○グラの摂取後並みにバクバク〉しないで、落ち着いて自身の「投資能力」を見つめ直すことをお勧めする。

 

「週刊新潮」2018年1月25日号 掲載

 

 



-エンタメ, ゴシップ, 事件・事故, 国内, 話題
-, , ,