2年連続無冠 石川佳純の東京五輪に“黄信号”

 

「レベルが高くなっているので、挑戦を受けるというより紙一重の中でやっている感じ」

 

そう話したのは、石川佳純(24=世界ランク4位)。

 

今年の全日本卓球選手権で2年連続「無冠」に終わった。

昨年はシングルス決勝で平野美宇(17=同6位)に負けると、今年は準決勝で伊藤美誠(17=同5位)に完敗。いずれも7歳年下の次期エース候補だった。

 

昨年、石川のシングルスの成績は、

4月の韓国OPで準優勝、

8月のブルガリアOPでは伊藤に勝って優勝。

しかし同月のチェコOPでは伊藤に負けて準優勝に終わった。

 

平野、伊藤に加え、ダブルスで優勝した早田ひな(17=同11位)も台頭。

14歳で全日本シングルスを制した張本智和が「東京五輪で金メダル2つ」と口にしたように、東京の代表争いも今後2年間でさらなる激化が予想される。

 

世界ランクこそ国内トップの石川だが、右肩上がりの成長曲線を描く10代に比べ、24歳の伸びシロは小さい。



 

その石川は下からの突き上げに「危機感や焦りはない」と言いつつ、こう続けた。

「危機感や焦りがあることはありがたいこと。美誠ちゃんも美宇ちゃんも打点が早いと思うし、サーブやレシーブで普段はやらないプレーを出して工夫しながら変化を出してやっているのはうまいと思うので、そういう部分は吸収したいと思う。『見て学ぶ』まではいかないけど……」

 

ロンドン五輪団体で銀メダルに貢献した平野早矢香(32)はリオ前に31歳で引退。

ロンドンとリオで団体のメダル獲得に貢献した福原愛(29)はリオを最後に第一線を退いた。

 

「順番」でいけば石川は東京が最後の五輪となるわけだが、そのときには27歳になる。

卓球の女子団体は年長の五輪経験者がチームのまとめ役となってきた。

 

しかし、伊藤はすでにリオを経験してメダルを取り、平野もサポートメンバーとして帯同していた。

“ベテラン”石川はどこまで若手にあらがえるか。

 

もはや、あなたが挑戦者の気持ちでプレーしなければ・・・

 

 

-スポーツ, 話題
-, ,