女性陣に聞いた・・・バレンタインの苦い思い出

2018/02/10

 

二月のイベントといえばバレンタインですよね。

好きな人や彼氏と素敵なひとときを過ごせる人もいれば、最悪なバレンタインになってしまう女性も……。

そこで今回は「バレンタインの苦い思い出」についてリサーチしてみました。

1、 フラれてしまった

・「勇気を出して先輩に告白したけれど、フラれてしまった中学時代……。この季節になるといまだにあの時の気持ちを思い出します」(23歳/受付)

 

告白の返事が必ずしも良いものとは限りません。中には彼に想いが届かないことも……。

「仕方がない」とわかっているつもりでも、なかなかふっきれないものですよね。

バレンタインが近づくとほろ苦い記憶が蘇って、ちょっぴりセンチメンタルになってしまうようです。

 

2、チョコをあげられなかった

・「一応チョコは準備しておいたのですが、恥ずかしくて好きな人に渡すことができませんでした。結局そのチョコはひとりで食べましたね」(25歳/販売)

・「バレンタイン当日に体調が悪くなり、手作りチョコをあげる機会を逃したことがあります」(29歳/公務員)

 

何らかの理由でチョコをあげられないと、後悔も残ってしまうもの。

「あのときに行動していたら、彼と付き合うことができたのかな……?」なんて考えてしまいます。

 

でも過去があったからこそ、いまの自分がいるのかもしれません。次は同じ後悔をしないように、この経験を活かしたいものですね。

 

3、 お返しがもらえなかった

・「ホワイトデーにチョコをあげた男性から『あ、お返し買うの忘れちゃった!なしでいいよね!』と言われたときは、結構ショックでしたね」(24歳/営業事務)

これはバレンタインの思い出というより、ホワイトデーの体験といえるでしょう。



好きな人からのお返しは、どんなものであっても欲しいと思うもの。

だからこそ何ももらえないとわかった途端、余計に悲しくなってしまいます。

 

男性陣の皆さんは、チョコをもらったら必ず形に残るお返しをしてくださいね!

 

4、 当日に浮気が発覚!

・「彼に『バレンタインは仕事だから会えない』と言われていたのですが、サプライズで驚かそうと思って彼の家に行ったんです。そしたらほかの女と一緒にいるところを目撃してしまいました……」(27歳/経理)

 

これはかなりショック……。

バレンタインが一気に嫌いになりそうです。

 

誕生日やクリスマス、バレンタインなどのイベント時こそ、ちょっとしたことがきっかけで浮気が発覚するもの。

浮気をすること自体ありえないですが、男性にももう少し警戒心を持ってもらいたいものですね……。

 

おわりに

一度嫌な思いをしてしまうと、その印象が強烈に残ってしまいます。でも未来はどうなるかわかりません。

 

今年こそ素敵なバレンタインを過ごせるように、あらかじめハッピーな計画を立てておきましょう。

(和/ライター)

 

 

 

-いい話, 話題
-,