水谷隼、張本に脱帽「誰も勝てない」

 

 

◆卓球 全日本選手権最終日(21日・東京体育館)

▽男子シングルス決勝

張本智和(エリートアカデミー)4―2水谷隼(木下グループ)

 

10度目の日本一を狙った絶対王者・水谷隼(28)だったが、驚異の成長を見せた張本に敗れ、自身が持つ17歳7か月の最年少V記録も塗り替えられた。

 

「1ゲーム目が大事だと思っていたが、そこで取れなくて流れが行ってしまった。思い切りがあって、僕の方が縮こまった」

と、圧倒されたことを認めた。

 

昨年6月の世界選手権に続いて、金星を献上。

「世界選手権とは比べものにならないくらい成長している。中国の選手と同じくらいのレベル。彼が100%の力だったら何回やっても勝てない」

と、脱帽した。

 

特に強烈だったのはバックハンドで

「世界でも樊振東(ファン・ジェンドン)と同じように脅威」

世界ランク2位で、強烈なバックハンドを得意とする中国の名手になぞらえた。

「張本が出て来る前に自分がたくさん優勝しておいてよかった。それぐらい強い」

とまで漏らした28歳。

 

「悔しさもあるが、持てる力は出し切れた」

 

と、敗戦を受け止めた。

 

 

 



-スポーツ, 話題
-, , ,