カナダ「路上に車の雪像を作ったら…パトカーはどんな反応をする?」

 

連日の大雪に見舞われているカナダ・ケベック州モントリオール。

現地に住むデザイナーの男性は、雪かきをしているうちにクリエイター魂に火が付き、路上にスポーツカーそっくりの雪像を造りました。

 

するとしばらくしてからパトカーが近づいてきて……

 

なんと駐車禁止の切符を切られました。

4時間ほどかけて雪の車を造ったのは、デザイン会社を経営するシモン・ラプリーズさん。

シモンさんが出来栄えに満足していると、やがてパトカーが近づいてきました。

「違法駐車」の前に立つ警官。さすがに近づけばニセモノだとわかるはずですが……。



パトカーが去り、シモンさんが雪像カーを確認すると、そこには駐禁切符が!

切符の文面は

「おかげでいい夜になったよ!!! ハハハハハ:)」

 

雪像であることに気づいた警官が、ユーモアに対する返事として切符を残して行ったようです。

シモンさんは、今後もこうした雪の車を作っていくつもりだそうです。

 

カナダの警察官も粋な計らいをするものですね。

 

 

-事件・事故, 海外, 話題
-, ,