中国の女性教師 列車遅らせ停職

 

中国では旅客機でのマナー違反による事件が絶えないが、高速鉄道でも小学校の女性教師がドアが閉まらないようにして、列車の発車を遅らせるという騒動が起きていたことが分かった。

 

女性は遅れてくる夫が列車に乗るまで、発車を阻止しようとしたというが、この騒動の動画がネット上で拡散。

事件を知った市政府当局はこの女性教師を停職処分にしたという。

 

内陸部の安徽省の省都・合肥市の合肥駅で1月5日朝、広東省広州行の高速鉄道のドアが閉まらず、発車できない状態になった。

駅員が調べると、乗客の女性が閉まりかけたドアに体を挟み、ドアが閉まるのを阻止しているのを目撃。

 

駅員が女性をドアから引き離そうとしても、「夫がいま改札している。来るまで、列車を止めて」などと喚きながら、ドアから手を離さず、身体を激しく動かして抵抗し、結局、夫が来るまで5分間列車を止めたという。

 

この一部始終は他の乗客が動画で撮影しており、ニュース専用サイトの「澎湃ニュース」で報道されたことから、ネット上で拡散し、全国的なニュースになった。

夫婦は小学生の娘を連れて、広東省に観光に行くところで、女性は娘と一緒に改札を済ませて、時間通り列車に乗り込んだが、夫の方はトイレへ行ったため、改札が遅れてしまったという。

 

動画では、女性が大声でわめいたり、列車内部やプラットフォームで身体ごとのたうち回っている様子のほか、女性の傍らで茫然とした表情をしている娘が映っており、ネット上では

「小さい娘がかわいそうだ。母親の醜態を目の当たりにした幼い彼女の心に生涯消えない傷がつかないように祈る」

などとのコメントが書き込まれている。

 

この騒動で、合肥市鉄道局は鉄道業務を妨害したとして女性教師らを告発。市の教育部門は事情聴取のため、彼女を停職処分にして調べている。

 

最悪の場合懲戒免職もありうるという。

 

また、並行して警察も捜査を開始しており、今後の取り調べによっては、罰金2000元(約3万5000円)が科される可能性もある──などと伝えられている。

 

 



-事件・事故, 海外, 話題
-, ,