相撲界における「暗黙のルール」

 

18日放送の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)で、相撲界における「暗黙のルール」について取り上げた。

番組では「激震 白鵬が休場 稀勢の里は出場明言」と題した特集の中で、相撲界の「暗黙のルール」を紹介した。

ゲストコメンテーターの一人、元大相撲力士の維新力浩司氏が監修してまとめたという暗黙のルールは4つ。

 

1「横綱・大関が蹴手繰りのような“小細工”を弄する技を、格下相手に使うべきではない」

蹴手繰り(けたぐり)は、2006年に横綱・朝青龍が、当時小結だった稀勢の里に使った技。

当時の横綱審議委員会委員長も「横綱の品格を考えればしてはいけない技」と、厳しく批判したという。

2「関節をきめるような危険な技を、格下に使うのは好ましくない」

2009年1月、大関・魁皇が、小結・豊ノ島をやぶった決まり手の小手投げを例にあげた。

小手投げは、相手の腕に重心を預け、間接をきめながら投げる技。維新力氏によると、ひじがきまってしまい、我慢すると折れるため、倒れるしかないという。

当時の豊ノ島は左ひじの靭帯を損傷し、翌日から休場。およそ6週間の加療を要したそう。

3「胸や腹が汗でぬれていると、滑ってまわしが取りにくくなる。取り組み前に汗を拭くのはマナー」

昨年11月、横綱・白鵬が、前頭筆頭・玉鷲を送り出しでやぶった際、取り組み前に体の汗を拭かなかったことが物議を醸(かも)した。

ルールブックには書かれていないそうだが、相手力士が滑って組み合えないため、取り組み前に体の汗を拭くのはマナーだという。

4「ゆるふんは勝負から逃げているとみなされるずるい行為。わざわざやる力士は少ない」

2016年1月、当時の小結・栃ノ心が大関・稀勢の里に下手投げで勝利した取り組みを例に「ゆるふん」について取り上げた。

ゆるふんとは、まわしの外側をゆるく締めることで、相手が投げにくくなるのだとか。

栃ノ心のまわしがゆるすぎたことが問題視され、取り組み後に審判委員から口頭注意を受けていたそう。

 

こうした暗黙のルールについて、メインキャスターの安藤優子は

「暗黙のルールだっていうのは、いつどうやって学ぶんですか?」

とコメンテーター陣に質問をぶつけた。

 

維新力氏は

「親方の指導や先輩の指導がある」

「上には上の相撲の取り方がある」

「そういうのを学んで、僕たちも指導してきたんで。そこは体で覚えたりするわけです」

と説明した。

また、安藤が

「『小細工するなよ』って親方がちゃんと指導していかなくちゃきダメゃですよね」

と苦言を呈した場面で、落語家でタレントのヨネスケは

「している親方もいれば、飲みに行っちゃう親方もいるってこと」

と語り、笑いを誘っていた。

 

 



-スポーツ, 事件・事故, 話題
-, , ,