貴乃花親方の隠し子?大相撲界の密告合戦

 

1月14日に初日を迎えた大相撲初場所。

白鵬、稀勢の里、鶴竜の3横綱が勢ぞろいし、前売りチケットは完売の盛り上がりだ。

 

だが、昨年から続く不祥事に「待った」はかからず、恒例の天皇皇后両陛下の初場所観戦は中止となった。

 

「元横綱・日馬富士の暴行事件に端を発する『貴乃花親方VS相撲協会』のつばぜり合いはまだ続いています。2月上旬に行われる協会理事の選挙までは、初場所の土俵そっちのけで、親方たちが水面下で“ガチンコ”を続けるでしょう。あっちのスキャンダルが出ればこっちの不祥事が報じられる…双方のリーク合戦という見方もあります」(相撲記者)

 

◆貴派親方に急浮上した「隠し子疑惑」

昨年の年の暮れ頃から、有力親方のタニマチ筋で囁かれるようになった疑惑がある。

「現役時代はイケメン力士で知られ、女性ファンも多かったA親方が、十数年前に飲食店を経営する女性と不倫していた。その女性との間には、“隠し子”もいる。それが奥さんにバレて、数年前、A親方は坊主頭にしている」

もし本当だとしても、かなり古い話。

それでも突然、このタイミングで蒸し返されて、各マスコミが取材に動いているのには、こんな背景がある。

 

「A親方が貴乃花を支持し、協会の改革を訴えているからです。隠し子情報も、協会派の重鎮親方の周辺から出ているようですからね」(あるタニマチ)

 

本誌・女性セブンがその飲食店経営の女性に話を聞くと、

「ご贔屓筋にはよくからかわれている。A親方とは親しくしているが、男女の仲ではない」

と話した。

 

しかし、こんな噂話は氷山の一角。

貴乃花親方を支持する親方や有力後援者の“後ろめたい話”が、土俵の周りを飛び交っている。

 

 

◆貴部屋のジャージー力士を「見せしめ説教」

1月5日、横綱審議委員会による稽古総見後、相撲協会は、貴乃花部屋に所属する新小結・貴景勝、十両・貴源治、幕下・貴公俊を呼び出して口頭で注意した。

力士には「服装規定」があって、「外出の際にまげを結って着物を着ること」が慣例とされる。

貴部屋の3力士は昨年末、銀座の繁華街をジャージー姿で歩いたことで大目玉を食らったのだ。

 

だが、ある協会関係者は、この叱咤を「見せしめじゃないか」と見る。

「いつもなら師匠を通して注意すればいいだけの話です。でも、相撲協会の担当部長は、わざわざマスコミの多い稽古総見の日を選んで3力士をカメラの前に呼び出しました。実は、この担当部長は、日馬富士の事件後、何度も貴部屋を訪れては門前払いを食らっていたため、見せしめとして弟子を“公開説教”したともいわれています」

 

しかもその日は、貴乃花親方が理事解任を提案された翌日。

偶然か、あの手この手なのか──。

 

 

◆行事の密室セクハラを暴いたのは誰だ!?

一方、貴乃花親方サイドの“反撃”といわれているのは、初場所前に降って湧いた“行司セクハラ騒動”。

行司の最高位である「立行司」の式守伊之助が昨年12月の沖縄巡業中、宿泊先で泥酔して若手行司にキスや胸タッチしたとして「3場所の出場停止」処分を受け、処分明けにも辞職する予定だ。

 

前出の協会関係者は、こう裏読みする。

「行司は各相撲部屋に所属しています。今回、セクハラ被害にあったのは、入門半年で右も左もわからない16才の若者で、“行司界の横綱”である立行司にはとうてい逆らえなかったでしょう。被害を聞きつけた貴乃花一門の行司が監督役に報告したとされます。式守伊之助が白鵬のいる宮城野部屋所属であるのも何かの因縁か…」

 

「横綱の品格」を重んじる貴乃花親方と、ヤンチャな白鵬が“冷戦”状態にあることは、報じられている通り。

 

白鵬の師匠である宮城野親方は騒動を受け沈痛な表情で謝罪した。

 

※女性セブン2018年2月1日号

 

 

 



-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-, ,