谷亮子氏〈4段から6段に〉女子では異例の飛び昇段

 

2000年シドニー、04年アテネの両五輪柔道女子48キロ級金メダリストで前参議院議員の谷亮子氏(42)が女子6段に昇段したことが、14日に東京・講道館で行われた鏡開き式で発表された。

谷氏は日本で開催された1995年世界選手権で優勝し、同4段に昇段している。

今回はそれ以来23年ぶりの昇段で、5段を飛び越えて6段となった。女子の飛び昇段は極めて異例だ。

 

谷氏によると、政治家生活に一区切りをつけた約2年前から形の稽古など準備を進めてきた。

 

九州柔道協会からの推薦で講道館から昇段を認められ、

「昇段は長年の念願だった。初めて初段で黒帯を取った時のようなうれしい感覚。将来は国内外を問わず指導者になることも、選択肢の中で大きくなった」

と話した。

 

福岡県出身の谷氏は、92年バルセロナから5大会連続で五輪に出場し、金2、銀2、銅1とすべてメダルを獲得。

世界選手権は93年大会から6連覇を含む7度優勝した。



引退後、2011年に国際柔道連盟(IJF)から女子柔道史上最高選手に選出されている。

13年から2年間は全日本柔道連盟理事を務めた。

 

政治家としては、10年参院選の比例区で旧民主党から初当選。

 

16年参院選には出馬しなかった。

 

  • 議員さんやらなかったら、違った人生が送れてたよね。
  • 政界進出がなければ、彼女のキャリアにケチが付く事もなかったよね。
  • 現役時代が最強だったと思うけど
    引退してから昇段するのは、理解に苦しみますね
    協会も何を基準として段位を決定するか明確にして欲しい
  • 転職して出戻り、しかもブランクあるのに2段飛びの昇段?
    昔みたいに応援する気が無くなった。
  • 現役時代は国民的人気があったはずなのに、政治家になってから、すっかり嫌われ者の扱いになってしまったとても残念な方。
  • 有名人で持ち上げられ、何の成果も出さなかった元税金無駄議員。
    政治家になったのは間違いだった終わった人、興味ない。
  • スポーツに芸能人 政治かにみんなが向いている訳ではない なぜ 投票するのか? ミーハーが多い日本 かなしい
  • よくある名誉昇段ってやつですよね。
  • 柔道より議員を取らなければ、もっと別の谷さんを見れたと思うと残念です。
  • 引退しての昇段は過去の実績からでしょうか?しかしこの人はもう過去の人ですから興味を持ってない人も多いんじゃないですか?
  • 谷さんは実績は超一流ですが、身の振り方には違和感を感じます
  • この人ほど政治家になって
    何も活躍のなかった議員も珍しい。
    その間で歳をとり現役としても厳しい年齢になった。
  • 谷亮子って言うと、小沢一郎を教祖様のように崇めていたおかしな人、っていう印象が強い。
    政治家になったんだか、新興宗教に入ったんだかよく分かんない、みたいな。
  • 小沢先生小沢先生って何時も言ってた時、気持ち悪くて一気に嫌いになった。国民的ヒロインだったのに政治家になったせいで、殆どの国民に嫌われる結果になった。彼女の人生で大きな汚点だと思う。
  • 立候補は自由なので、この人を当選させた有権者が愚か。
    国会議員としてやった事は、客寄せパンダと自身の経歴に箔をつけたことで、国民のためには働いていない。
    アスリートとしての実績は素晴らしいのに、引退後の生き方で私は応援する気を失ったし、見たくない有名人のひとりとなってしまい残念。
  • 過去はどうあれ、このところ実績ないのに急に昇段するの?昇段にも政治が絡んでそう。昇段理由が知りたい。政治家になると何もかも思い通りなんだね。
  • 段位って、どうやって決めるの?
    現役選手と分けて考えた方がいいかな。
    あくまでも、名誉職?みたいなもんでしょ。
  • 谷亮子さんって、まだ柔道家だったんですね。政治の道への転換は失敗だったと思いますね。東京オリンピックのコーチの方がズート印象は良かったと思うし、今回の飛び級の処置も多くの人にも認められたでしょうね。残念!!

 

もう過去の人なんですかね・・・

彼女がいなくても女子柔道界は立派に育ってますからね。

 

 

-スポーツ, 話題
-, ,