高梨沙羅「オルチャンメイク」韓国で大人気 あの大手化粧品メーカーの力

 

「女帝」「美女鳥」……今、韓国でこう絶賛されている日本人アスリートがいる。

平昌五輪のスキー・ジャンプ女子で金メダル有力候補の高梨沙羅(21)だ。

 

「前回のソチ五輪期間中、韓国の大手紙が『キム・ヨナを脅かすルックス』として紹介したのがきっかけで注目を浴びるようになりました。去年から人気に拍車がかかり、韓国メディアがこぞって彼女を取り上げるようになったのです」(韓国紙記者)

 

高梨は20歳を迎えた去年頃から美へのこだわりが強くなり、日本でも「可愛くなった」と話題を呼んだ。

韓国では、そのメイク法に注目が集まっている。

 

「『オルチャンメイク』と呼ばれる韓国で大人気のメイクに似ているからです。オルチャンとは韓国語で“顔が最高”を意味し、太い平行眉や濃いアイライン、プクッとした涙袋などが特徴。高梨さんがこのメイクが理想とする顔立ちになってきたことから、彼女が注目されるようになった」(前出・記者)

 

最近では「親がコンビニを経営している」といった“プライベート情報”までが報じられるほど高梨人気が高まっているが、複雑な思いを抱いている韓国人もいるという。

 

「韓国の女子ジャンプ界にはこれまでに有力な選手がいませんでしたが、平昌五輪には韓国人として初めてパク・ギュリム選手が出場する。本来なら国を挙げて彼女を応援すべきなのに、高梨のほうが人気が高くて……」(前出・記者)

 

ビジュアル面でのK(カワイイ)点越えは確実。

 

 

「『化粧してるな』と最初に気付いたのは、昨年1月か2月頃でした。競技中はヘルメットをかぶっていますが、ゴーグルを外した時に見えた眉毛が、それまでよりも整えられていた。そこから次第に、目元を中心にメイクするようになりました」(前出・スポーツ紙記者)

高梨も化粧について昨年12月の『報道ステーション』(テレビ朝日系)のインタビューでこう語っている。

「キレイにしていることで、自信になるというか(中略)化粧をすることで、こう、スイッチが入るというか」

 

好調の裏にメイクありということのようだが、あまりの急激な変貌ぶりに「メイクのプロが関わっているのでは?」という噂まで持ち上がっている。

その指導役ではないかと目されているのが化粧品業界最大手の「資生堂」

昨年8月から同社の日焼け止め商品「アネッサ」と高梨がスポンサー契約したため、噂が浮上したのだ。

 

別のスポーツ紙記者が舞台裏を明かす。

「資生堂がスポンサーについたことで彼女の美意識はかなり変わったみたい。広告塔として“日焼けは絶対NG”になった。スキー場は雪面からの照り返しで冬でも日焼けの危険があるため、肌を気にして基礎化粧品が欠かせなくなったようです。

4~6月のオフシーズンにメイクの練習に励んだところ、最初は遊び感覚だったのがハマってしまったそうです」

 

資生堂は「ご本人から依頼があった場合は、美容等の相談にも応じさせていただいています」(広報部)と回答。

 

噂通り、高梨の美のサポートに一役買っているようだ。

 

 

 



-スポーツ, 話題
-,