欅坂46の「過呼吸」ヤラセか闇か?

 

AKBやらSKEやら横文字だけでもタイヘンなのに、最近は「坂」も出てきて混乱してきた。

そんなアイドル事情に疎い視聴者にも、「欅坂46」の名が認知された出来事だったかもしれない。

昨年末の「紅白歌合戦」で起きた体調不良騒動は、ガチかヤラセか――。

***

 

2年連続2回目 の出場となった欅坂は、番組後半のトップバッターとして登場。

 

代表曲「不協和音」 で歌って踊って見せたのち、司会の内村光良(53)とのコラボ企画で2度目を披露。

最後の決めポーズの際に、メンバーの鈴本美愉(20)が倒れ込み、センターの平手友梨奈(16)の手が震え、そして志田愛佳(19)を含めたこの3人が“過呼吸のような症状”を訴えていた。

 

紅白で過呼吸騒動「欅坂46」

共同通信までも

〈出演後に待機していた看護師の手当てを受けた〉

〈いずれも症状は軽く、病院には運ばれておらず回復に向かっている 〉

と報じたこの騒動、その後にはSNSで元気な姿が報告されているが、放送直後からネットは盛り上がっていた。

 

〈欅坂は頑張りすぎている〉

〈年始は休んだ方がいいんじゃないか?〉

といった声の一方、

 

〈3人過呼吸とか絶対演技〉

〈話題作りが透けて見えてウザい〉

なんて批判も――。

 

本当のところはどうなのだろう。

 

“欅坂はダーク”

そもそもアイドルに詳しい芸能記者の解説によると、

「欅坂はその暗い雰囲気がウリのひとつなんです。結成は2015年 。先行していたAKB勢や乃木坂との差別化のため“ダークさ”を前に出すイメージ戦略が取られています。

若いグループなので当然といえば当然ですが、いまだCDのミリオンヒットはなく、まさに“ただいま売出し中”の位置づけです」

 

というから、「今回の体調不良もプロモーションの一環か」と勘繰りたくもなる。

実際、宣伝効果は上々で、「回復を報告」と、年明けに更新された鈴本のブログが紹介 されるなど、この一件でメディアからの注目度は増した。

「さらにいえば、1月30日からは初の武道館3daysライブが予定されています。話題を集める上で“タイミング”はばっちりなんです」(前出の芸能記者)

 

だが、さる出演者のバックダンサーはこんな見立てを証言するのだ。

 

「欅坂の面々の様子は、リハーサルの楽屋の時からおかしかったですよ。歩くのがやっと、という子がいたり、覇気がまったくない子がいたりと、『ずいぶん暗い雰囲気のアイドルだなあ』と思っていました。

そして本番であんなことが起きたでしょう。前々からこんな様子でしたから、彼女たちの『闇』は決して嘘ではないのでは」

 

お茶の間を欺くにはまずマスコミから?

今回の騒動がヤラセかどうかは定かではないが、仮にそうだったとすれば、楽屋から徹底して話題作りをしていたことになる。

 

ある意味で別の“闇”を感じさせるが……。

 

 



-エンタメ, ゴシップ, 話題
-, ,