H&M、「人種差別」批判で謝罪

 

「ジャングルで最もクールな猿」とプリントされたパーカーの広告に黒人少年を起用したアパレルメーカーのH&Mが、「人種差別的」との批判の声を受け、謝罪した。

 

1月8日、ハフポストUK版などが報じた。

批判が寄せられたのは、H&Mがオンラインストアに掲載した商品。

英語で「Coolest Monkey In The Jungle(ジャングルで最もクールな猿)」とプリントされており、黒人の少年がパーカーのモデルを担当した。

この写真について、Twitter上で

「今の時代において、ブランドやアートディレクターがこんなに不注意で、無知でいるなんてありえない」

「不適切なうえ、不快感を与え、人種差別的だ」

などの非難の声が相次いだ。

こうした批判を受け、H&Mの広報担当者はハフポストUK版の取材に対し、

「該当の写真をH&Mのオンラインストアから削除しました。不快感を与えてしまったことに対し謝罪いたします」

とコメント。

 

商品写真にモデルを起用せず、パーカー単体の写真に差し替えた。

 

過去に広告打ち切りの例も

欧米などでは、アフリカ系や非白人の人を猿にたとえるのは、人種差別とされることが多い。

過去にも、日本の携帯電話会社のCMで、猿が選挙演説する広告が、当時大統領をめざしていたアメリカのオバマ上院議員らへの人種差別につながるとして問題になった。

「差別の意図ははなかった」などの意見もあったが、広告は打ち切られた。

また、サッカー界ではここ数年、黒人選手を「猿」と呼んだり、ピッチにバナナが投げ込まれたりする差別問題が相次いでいる。

 

  • 白人なら差別じゃないってのはおかしいわな
  • 浜ちゃんの件もそうだけど、人権団体と戦うエネルギーを一コントや一商品だけのために費やすハメになるのはしんどかろうと思う。「これは差別の意図ではない」なんて理詰めは受け取り側には響きにくい。触れない方が賢い。
  • そもそも誰に着せるかではなくデザインの問題では?
    しかし、人権屋の暴走は続くねぇ。そんなに票やお金になるのかねぇ。
  • 森でクールだって言いたいのならサルじゃなくてターザンにすればいいのに。
  • わたしは差別とは思わんけど、言われる、批判されるのは仕方ないかなって感じやな
  • そもそもそういう見方が人種差別じゃないの?
  • これって、差別の為の差別って感じがするんですが、モンキーが問題だったんなら、ゴリラならどうなんだろう、ジャングルに住む動物を選んでいたら同じように指摘が有ったんだろうか?西洋人は、猿を屈辱の道具にするけど、アジアでは、猿は神様の使いとして崇められているよね?白人の考え方が全て正しいというのがすごく違和感がある。
  • 筑地では、「脂がのってます」と書いたシャツを売っているが、これは太っている人に対する差別になるのだろうか。
    このシャツを白人が着ていたら、クールと言うんじゃないの。
  • 俺は「yellow monkey」とデカデカと書かれたTシャツ堂々と来てニューヨーク歩いてたらめっちゃフレンドリーに接してもらえたけどな。
  • 差別だとは思わない
  • 余計に差別が広がらないかな?

 

 

全く差別とは思わないんですが・・・

 

 



-事件・事故, 海外, 話題
-, ,