ライバルの飲み物に禁止薬物 カヌー日本代表候補

 

昨年9月に石川県小松市であったカヌー・スプリントの日本選手権で、カヤックシングル(1人乗り)に出場した男子選手(32)が、別の男子選手(25)の飲み物に禁止物質を入れ、レース後のドーピング検査で陽性になっていたことがわかった。

 

2人とも、昨年8月にチェコであったスプリント世界選手権の日本代表で、2020年東京五輪の日本代表入りを目指すトップ級選手だった。

禁止薬物を混入した選手は、日本カヌー連盟や日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の調べに対し、2020年東京五輪出場が危うくなったと感じライバルを陥れようとした、と説明している。

 

関係者によると、禁止薬物は筋肉増強剤とも呼ばれるたんぱく同化ステロイドの一種。

加害選手はインターネット通販で入手し、レース中に放置されていた被害選手の飲料水用ボトルに混入した。

レース後に気づかずに飲んでドーピング検査で陽性になった被害選手は無実を主張。

日本カヌー連盟が調べたところ、混入の疑いが浮上した。疑われた加害選手はすぐに認め、陽性になった選手に謝罪したという。

 


【もしもアフィリエイト】ってなに?


昨年12月までにJADAの調査で全容が判明。8年の資格停止処分を決め、近く連盟が発表する。

 

スポーツにおけるドーピング問題は度々世界で起こっていますが、いざ日本でしかも!ライバルを陥れようとするのは、人として完全にアウトですよね。

 

スポーツ精神のかけらもないですし、ここまで努力をしてきた自分への冒涜のような気もします。

カヌー選手だけでなく、日本国民としても恥ずかしい行為だったのではないかと思いますし、

 

8年の資格停止処分って選手生命が短いスポーツ選手にとっては引退も考えてもおかしくないようなことだと思います。

それほど東京五輪に出場したいという思いが強かったのだと思いますが、ただただ残念で仕方ありません。

 

 

-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-, , ,