「名古屋走り」が原因? 15年連続で愛知県が交通事故死者数1位

 

新年早々、あまり良い情報ではないが15年連続で交通事故死者数1位が愛知県となった。

なぜか?

よく言われる要因に「いわゆる”名古屋走り”を何とかしなければならない」

 

”名古屋走り”とは何か。

要約すれば極めてマナー悪く危険な運転ということになる。

本当に名古屋の運転マナーは悪いのか?

個人的に度肝を抜かれたのが『名四』と呼ばれる名古屋と四日市間の国道。

ずいぶん以前のことになるけれど、深夜になると誰も信号を守らない。

「信号が変わった直後に止まらない」というレベルでなく、先行車が止まらなかったり、交差する道にクルマの姿が見えないと基本的に止まらない。
今もそのDNAは残っているらしく、黄色信号だと「まだまだ大丈夫」

赤信号になったって「注意してすすめ」くらいのイメージ。

YouTubeで「名古屋走り」を検索すると、信号無視や、ウインカーを出さないまま進路変更する危険なシーンがいくらでも出てきて驚く。

確かに乱暴なイメージだ。
しかし、人口10万人あたりの交通事故死者数を調べてみたら、ずいぶんイメージが変わってくると思う。

確かに愛知県は必ずTOP10に入っているため「良い」とは言えない。

愛知県に次ぐ交通事故死者数ワースト2位の埼玉県も、ここ何年か人口10万人あたりの数なら20位前後を推移している。
では人口10万人あたりの交通事故死者数が最も多いのはどこか?

意外にも佐賀県だった。

100人を超え、愛知県の2倍となる。
参考までに書いておくと、一番少ない鳥取県の5倍以上にもなる。

佐賀県ではどんな事故が多いのか?

容易に想像出来る通り高齢の歩行者だ。

死者数の60%が65歳以上の高齢者となっている。
ただ人口における高齢者の割合では鳥取県や島根県、岩手県も佐賀県と同じような状況だと思う。

それなのに10万人あたりの死亡事故者数は少ない。

このあたりを分析すれば、死亡事故を減らすことが出来るかもしれない。

いずれにしろ全国規模で65歳以上の高齢者が死亡事故の半分を超える。

交通事故死者数ワースト1の愛知県は、大きな企業も多く、愛知県警も「道路が広く速度が出やすい」という見解を出していること考えれば、”名古屋走り”に原因があるという結論にはならない。

とはいえ、人口10万人あたりの交通事故死者数で日本平均になるくらいまでは汚名も甘んじて受けなければなるまい。
日本全体で見ると、2017年は1949年(昭和24年)の3790人より少なく3700人を下回った模様。

 

昭和24年時点での自動車保有台数といえば、2輪車を含めわずか31万台!

2017年の台数8126万台より圧倒的に少ない。

 

そして自動車産業界は交通死亡事故「ゼロ」を目指すべく動き出している。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , , ,