移住民が落ちた「村八分」地獄

 

ノンフィクション・ライターの清泉亮氏が山梨県北杜市に移住したのは2014年のこと。

現在は管理会社が管理する別荘地で暮らす清泉氏だが、以前に暮らした長野県佐久地方の過疎集落では、早朝からの雪かきなどのローカル・ルールに嫌気が差し、逃げ出した経緯がある。

 

移住者のゴミ出し禁止など、自治体も手を出せない「村八分」について、その実態を紹介する。

***

子供が生まれると同時に、東京郊外から移住してきた、ある若夫婦の体験である。

子供が保育園に通い始め、新しい故郷に貢献したいとの一念から、母親は保護者会の会長にと手を挙げた。

 

すると、どこから聞き及んだのか、集落の最長老格の女性からのアプローチが始まった。

「あなたには次があるから。まだ将来があるから」

連日連夜の電話攻勢に自宅訪問と、ほとほと疲れ果てて立候補を取り下げるまで、その“説得”は続いた。

 

理由は「若い者の言うことは年長者は絶対聞かないから」というもの。

代々染み入った「長幼の序が絶対」の集落では、学識や見識ではなく、年齢こそがすべて、というわけだ。

選挙の前から当選者が決まっているといわれる、悪名高い「甲州選挙」の本領発揮といえようか。

 

一方で“集落一家”の紐帯を誇る地だけに、「乱す者」への監視も厳しい。

 

移住して5年ほどになる集落居住者がいう。

「怖いのは選挙だ。立会人っているでしょ。あれが、集落の誰は投票に来た、誰は来てないっていうのをみんなチェックしてて、来なかった人間は後から吊し上げられるんだ」

投票所での立会人も、狭い地域では、顔なじみの古老ばかり。

誰が投票しなかったかは集落内で密やかに「共有され」、ときに忠誠が問われるのだという。

仮に自治会に入れたとて、日常のあらゆる局面で、監視と縛りが待っている。移住組の70代主婦はこうこぼす。

「ゆっくり休みたいときも大変よ。5時に起きて、まずは居間のカーテンを開け放ってから、もう一度寝室に戻って二度寝よ。カーテン閉めたままだと何を言われるかわからないから」

 

たとえ誤解された噂でも、流されてしまえば「事実」になる集落では、一瞬たりとも気が抜けない。

 

なぜ新参者を受け入れない?

集落による「新参者、よそ者を受け入れない」掟は、決して時間が解消するわけではない。

北杜市に移住してすでに20年になろうかという80代の女性は、いまだに自治会に入会できず、集落内でゴミ出しができるメドさえ立っていない。

「主人が亡くなっているので、いつまでゴミを出せる体力が持つか自信がないわよ」

と漏らす。

もちろん、敬老行事の案内などもまわってこない。

 

そこまで徹底して新参者の加入を認めない理由について、北杜市の移住担当者は次のように指摘する。

「やはり、一番大きい理由は財産区のようです」

 

山間部の地元集落はたいてい、共有財産として山林を所有している。

この山林の伐採益や売却益を含め、現金化されたときの分配が少なくなることへの懸念が、最大の理由だというのだ。

もちろん、移住者のなかには、あえて自治会に加入したがらない者もいる。

 

彼らの言い分はこうだ。

「前は自治会費を払ったこともあった。ただ、収支を見せてと言ったら嫌がったり、何に使われているのかまったく不透明。聞けば、会議と称した甲府あたりでの呑み代とか、宴会や、慰安旅行のピンクコンパニオン代に消えててバカバカしくなった」

収支不明朗が伝統の集落の意識と、移住者の権利感覚は馴染みようもなかろう。

 

“ブラック集落”

だが、北杜市が常々標榜するのは「一流の田舎まち」。手をこまねいているばかりではない。

 

担当者が言う。

「今年の春、市としてもそれぞれの自治会にアンケートを行いました。移住者を受け入れるうえでの不安材料がないかや、受け入れを歓迎するかしないか、自治会への加入率や区費・組費といった内容です。

市としては、そうしたアンケートやヒアリングをもとに、移住の相談があったときに、“このあたりは移住者をウェルカムとしていますよ”とか、逆に“ここはちょっと”、といった細かいアドバイスができるように準備しています」

 

不動産屋の口車に乗せられて、煽られるままにすぐに手を付け、移住してはじめて“ブラック集落”であることがわかったときには目も当てられない。

たとえば、築浅なのにオーナーが手放そうとしている物件は、周辺の地域性を念入りに調べたほうがよいだろう。

「暮らすに暮らせない」場所でありうるからだ。

 

最後に、先頃、集落内で発生した、ある“衝突”の現場を再現してみよう。

 

現在、北杜市は、中央道と軽井沢側の上信越道を結ぶ中部横断自動車道のルート決定をめぐって八ヶ岳南麓を二分する「戦争状態」にある。

補償費を含めた現金収入につながると目論む賛成派の集落古老。

これに対して移住派は、目の前が高速道路では都会と変わらないから、当然反対となる。

 

公民館での会合は紛糾したという。

トドメは集落古老による一言だった。

「この土地は、俺たちが信玄公から代々預かって、管理し続けてきたんだっ」

 

400年以上前の武田信玄を持ち出されては、何かとインテリを自任する移住者達は沈黙するしかない。

理屈ではないものが支配している社会が厳然としてあることを、悟ったのだろう。

経済的に余力のある者は、「やっぱり管理費を払ってでも」と、別荘地内に“リハウス”してくるのだ。

 

結論はやはり、集落移住は×、移住するなら別荘地、ということに落ち着きそうだ。

 

 

***

清泉亮(せいせん・とおる)

ノンフィクション・ライター。1974年生まれ。専門紙記者などを経てフリーに。別の筆名で多くのノンフィクション作品を手掛けてきた。近現代史の現場を訪ね歩き、歴史上知られていない無名の人々の消えゆく記憶を書きとめる活動を続けている。信条は「訊くのではなく聞こえる瞬間を待つ」。清泉名義での著書に『吉原まんだら』『十字架を背負った尾根』がある。

 

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,